のぼり旗の種類

オリジナル印刷のぼり旗:両面印刷

目立つのぼりのぼり旗は通常、片面にデザインが施されたものとなります。
染め物もそうですが、印刷によるのぼり旗を作成する際にも片面転写が基本です。
そしてわざわざ裏面に表面のデザインが透けるように工夫しています。

光が差す

それに対して、両面に異なるデザインを施す印刷サービスを行うサービスを提供する業者があります。
これは風になびく屋外で、裏面からでも判別できるようにと行われるものとなります。
実はこのように布に透けないように両面に印刷するのは高い技術が必要となります。

プリンターで出力した転写紙にどの程度のインキを乗せるのか、そして熱処理を行う際に
そのスピードをコントロールすることで裏面に透けないようにするテクニックが必要となります。

ゆったりする

通常ののぼり旗の作成と比べると、作業工程そのものは決してそれほど増えているわけではないものです。
けれども手間がかかることによって、料金もそれなりに必要となるものです。
それでも宣伝効果を高めることを考慮して、多くの需要があるものです。