のぼり旗の種類

オリジナル印刷のぼり旗:統一感

目立つのぼり
同系色ののぼり旗をお店に設置すると上品な統一感が生まれ、
道行く人たちに効果的な店舗アピールをすることができます。

ただ、設置する本数が多ければ多いほどアピール効果があるというものではなく、
配置の仕方こそが店舗を効果的にアピールするための重要なポイントとなるのです。

基本的にのぼり旗はどんな種類のものであっても、1m80cmの間隔を
空けて設置することで最もアピール効果を生み出すと言われています。

見えやすい角度

この1m80cmという間隔は、歩行者はもちろんのこと自動車で移動している人も
旗に書かれている内容を十分に認識できる距離だからです。

ですから、配置場所を考えるのであれば、まず1m80cm間隔ということを
頭に入れておく必要があるのです。

そして、のぼり旗を使ってより高いアピール効果を得るためには、店舗の立地条件や
駐車場の大きさなどに合わせて配置を考えなければなりません。

店舗の前に駐車場がある場合や道路に面した場所に店舗がある場合には、
店舗に沿って1m80cm間隔で直線的に並べておくとアピール効果が大きくなります。

また、道路に面した大きな駐車場が店舗の目の前にあるような大きなお店の場合には
店舗からお客さんを迎え入れるように駐車場の両サイドから店舗側に向けて
並べておくと迫力もありお客さんへのアピール効果も高くなります。

そして、他店があることによって店舗が駐車場の奥にあるようなお店の場合には、
駐車場入口付近の道路側に2本、店舗前に1本をトライアングル型に設置することで
歩行者や自動車で移動している人たちへのアピールと共に、来店したお客さんへの
お出迎えに役立ちます。

存在を示す