のぼり旗の種類

オリジナル印刷のぼり旗:配置する間隔

目立つのぼり
店舗をアピールするには、のぼり旗はオリジナルのデザインを用いるなどで大きな戦力となります。
しかし、配置の仕方によっては、効果が薄れたり逆効果にも成りかねません。

基本的にはドライバーや通行人の動線を考慮しなければ意味が無く、
あまりにも密集したのぼり旗は店舗を隠したり、お客さんの妨げとなり
圧迫感を与えてしまいます。

実際に効果的にアピールするには、最適な間隔があり1m80cmとされています。

この寸法は昔より日本にある尺貫法の単位で、1間(けん)が1m82cmで
運転中でも大変見やすい間隔と言えます。

上手くアピール

この事を考慮して様々な配置の仕方があります。
のぼり旗の内容が異なる場合では、同色で統一する事によって
遠目では上品でまとまりがある様に見えます。

近くに来れば、バラエティーが豊かで上手に店舗の内容をアピールできます。
落ち着いた雰囲気を演出し字体やデザインを統一させるとまとまって見えます。

他には、1本だけ違う色にする方法もあります。
複数ある中で違う色は目立つので、お勧めのメニューなどがある場合は
アピールする力が強くなります。

この場合、PR内容がしぼられている事が重要です。

更に、違う色をわざと組み合わせる方法があります。
閉店セールやイベントにこの方法を用いる店舗も多くあります。

効果的な方法

色は異なっても内容が同じにする事で、鮮やかさが演出でき
アピール力も高くなります。

どの配置の仕方でも、はっきりとアピールできる間隔を保つ事が重要です。