のぼり旗の種類

オリジナル印刷のぼり旗:専門店

目立つのぼり
同じのぼり旗をたくさん設置すると、統一感が生まれたり、上品な雰囲気があります。

専門店ならブランドイメージを強調することができたり、クライアントの目を引くことが可能です。
のぼりの内容が違っても同系色なら、統一感を感じたり、店舗のコンセプトをアピールすることができます。

はっきりした色

同じ色で同じ種類のものがたくさん並んでいるのも良いですが、
一本だけ違う色を入れたり、全く異なる配色のものを組み合わたり
さまざまなアレンジをすることができるでしょう。

アピールしたいものに合わせて、バリエーションを豊かにTPOで使い分けると効果があります。

のぼり旗を使用する場合、店舗の立地条件や駐車場の大きさなどによって
アレンジする必要があります。

一般的に縦のラインに設置しており、例えば店舗の前に駐車場があるなら
車輪止めの後ろに店舗に向かって一直線に設置するのが良く、お客様の邪魔にもなりません。

店舗と駐車場に距離があり、店舗自体が道に面していると有効的な配置になるでしょう。

遠くから見た時

ドライバーにもアピールすることができ、一般的な配置として良く見かけます。
店舗側面が道に向き、店舗の前に駐車場があるなら、横型も効果的でしょう。

扇型は店舗からクライアントを迎えるように設置し、大型店舗などに効果があります。

複合型は敷地や店舗の立地などに応じて配置します。
店舗によっては複雑な形状をしているところが多く、例えば表には横型や
扇型で設置し、裏側にはトライアングルで設置したりと、いろいろな組み合わせで
アピールすることができるでしょう。